<< 久々にコミケへ! | main | もう10年前ですか!なつかしい〜 >>
2015.11.23 Monday

伊藤計劃の計画とおりだったのかもw

0
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    昨夜思い立って府中の東宝シネマに観に行きました。

    思っていた通りに酷い内容でしたのでまあソコは想定の範囲内として、とにかく予算が全く足りていないのに呆れました。

    個人的にプロデュース(自分から立案した企画)で予算が足りないモノは(無駄遣いした奴は知りません)一本も無かったのでプロジェクト自体の安易さに酷く失望しました。

    予算がそうなのでバジェットやリソース内容の吟味も十分に行える筈もなく演出には語るベキ部分もありませんが、比較的原作に忠実な内容だったのが救いでしょうか?

    読んだ時も少し思ったんですが改めて映像で見ると押井さんの「イノセンス」に構造が似ているなあ〜と。

    それはともかくとして箇所箇所の演出に「イノセンス、MGS、ブレラン」がよぎったのにはちょっと閉口しました。
    やるならオマージュと思えるようなセンスの思い切りの良い使い方をして補しいと。


    映像で見ることで改めて原作の力を知った訳ですが、作品的には作中でも触れられている「若きウェルテルの悩み」や「車輪の下」「デミアン」などの系譜なので非常に青臭い中二病的作品なので出来れば徹底的にリアル路線でやってくれれば良かった気がします…

    核戦争後のSFの様な街にしても今現存するアジアの街並みや品川、お台場、
    個人的に好きで劇エヴァでも使われているバンナム本社とか、現物で参考になる街や建物など幾らでもあるというのに…


    そして得てしてそういう街の細部は綺麗では無い、原作のピンクのイメージに惑わされたのかも知れませんが?

    キャラの描き方としてはミャハのカリスマ性や三人の共犯関係をもう少し映像で見せて欲しかった!

    キアンに罰を与え何故自分のルーツにトアンをいざない何故殺させたのか?

    トアンが日本で失いミャハがキアンと父の死で獲得させるに至った「愛するものを罰する痛み」を
    もう少し立体的に見せて欲しかったんですが無理ですよね…周囲の物を一人殺害せよ!というイデオローグの意味の考えないと


    そして小説の細部に怨念の様に滲み出ている「俺は死に続けているのにお前らは無駄に生き続けてくだらないのも作り続けている」
    という作者の思いが何も表現できていないので、映像化としては限りなくゼロに近い作品でしたね。


    「善とはその状況を維持し続け様とする事」と著者が明確に書いているにも関わらず映像には
    ジンテーゼアンチテーゼとして「善と悪」のイベントや演出が意図的になされていないのも駄目なところでしょう…


    とにかく著者の呟きを元とした設計が疎かになっているところがこの作品の致命的な点です
    解りますよ「時間も予算も足りなかったんだ」と自分も参加企画に何本もありましたしw

    キャラデザと衣装デザインも駄目だったなあ〜
    シーンのつまみ食いでなくそういうトコロをリドリー・スコット映画からパクって欲しいなあ


    WHOの螺旋監察官の戦闘服が致命的に駄目でしたね、アレじゃ北欧かカナダか
    どこかが採用してた防弾スーツの方がよっぽどそれっぽい!


    舞台背景とデザイン全般が安易でチープなのはどうにかして欲しかった!銃のデザインも駄目だし。
    バクダットの描写や戦闘シーンもカウボーイビバップの豆の話を超えてないし…

    ファンとしてはこの酷いデキは看過できませんが作業者としては非常に判るところではあります

    ただ冒頭の3Dシーケンスに予算をいれるならその金で腕の良い進行を外部から招聘して2dのクオリティを上げ、
    フリーの腕の良い撮影クリエイターに頭を下げてグロスでポスプロ前までの撮影を頼むべきでしたね…


    うーんこれで五億を越えてたらそれこそPの腕が問われるでしょう
    ポリマジかポリピクに目をつぶって10億で投げて作るのが良かったような…


    あと委員会のメンツが偏りすぎてコレじゃ予算も中途半端だし自由に作らせて貰えない気がするんですが…
    エンドロールで製作者より広報以外で実際に現場に関係の無い人の名前が多いのは良くないですw


    会社員(スポンサー寄りの)が立案しているのなら逃げ道がないので仕方ないんですがスタジオ4℃が立案したのであれば
    予算を半分以上出せるIT企業に協力して貰って角川とかバンビジとか原作協力と一部予算供出にしてもらう方がいいんですが


    これで虐殺器官は駄作決定でしょう…

    そしてこんなフイルムは褒めちゃイカンでしょ?メディアは?

     
    2017.09.10 Sunday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM