<< 届かぬ思いとPSP。 | main | 昔の頃を想い出して。 >>
2017.09.10 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2004.09.25 Saturday

    雪かきは楽し。

    0
      最近またオタク論が取りざたされて、懐かしい対話がされてますね。少し興味はあるんですが、私はそんなに頭も良くなく学歴も無いので、上手く書く自信はありません。でも周辺の話を摘んで、ペーストくらいはデキルかも知れません。

      後は雑文をツラツラ書いてみます、お目見汚しお許しを。

      ココではオタク論の総括のような感じ?ですか。

      この論考はちょっと面白いかも?ただモテ系、非モテ系が『資本と直結する』のは堀江氏が言うまでも無く普通のこと。恋愛って時間と資本がメチャ消費されるので、元々オタクとは相性が悪いのです。普通の彼女ができたオタクさんが、趣味に悩むのは日常茶飯事な問題ですね。多様性が発揮された所で、守備範囲が「資本社会」であり「ネット文化圏」である限り同じです。宮台氏の言葉を借りますが…

      >そういう〈社会〉を生きることに、どんな意味があるか。即ち「入替え不能
      >な我々のために、入替え可能なシステムがある」というより「入替え不能なシステムのため
      >に入替え可能な我々がある」と感じられる〈社会〉を生きなければならない
      >理由が、あり得るか。

      最近は仕事する中で「多様性」なんて言葉は幻想が過ぎて使えなくなっています。それほど世の中の「システム化」が進んでいるのです。TVで「モーオタ」なんて言うセリフが深夜のロケ系番組でも流れる程、オタクすらも消費されシステム化しているのが現在なのですから。

      この記事は「TYPE-MOON」と「ガイナ初期」違いとかなら面白いかも。そう言えば「王立」を私は劇場で観てなかったなあ。当時アニメファンだったけど、CMを見た時の余りのストイックさに観るの避けたのでした(笑)

      王立って直接的なセクシャル要素が巧妙に隠されていて、今観ても思いますがちょっと不自然かもね。リイクニの胸は置いといて、規制があったのだと思われるのですが…

      関係ないですが1985年、当時高校生の私は、毎週末に大阪城公園にいて、喫茶ケニアでBランチ食べてたのに「ゼネプロ」のロケを観ていないのは何故だろう?初期の作品見るとロケ現場にしょっちゅういたのに…

      これって不幸中の幸い(笑)

      おたく新世代 おたく文化論、オタク雑学論、オタク社会論、オタク世代論、オタク知識論エトセトラ…しかしもうオタクはパッケージとして「ニッチ層」の中心的消費対象としてしか世間ではクローズアップされることは在りません。

      エヴァ放送直前、NHKで「オタク」は放送コードに引っかかったコードであり、アンダーグラウンドな物でした。

      しかし岡田斗司夫さんがイベントをしていた96年〜97年頃から「オタク」は急速な転換を迎えて行きます。あの頃は、まさに一つの新しい市場が生まれる勃興期そのモノでした。

      現在世間でメジャーな「サブカル系論客」の方にも、色々と会わせて頂いたのもこの頃ですね。

      ただ、そのピークは97年までで、それ以降は全く輝きを失ったような気がするのは、私の気のせいでしょうか?理由は明確です、全てのオタク的な要素が、新しく出来た市場の争奪に走ったからです。

      無秩序に売る側、買う側に分かれ…それも一人残らず。
      たった2年で成熟した物が、たった2年で消費されつくされる。

      評論、哲学、文化とは『何らかの生産に寄り添う華』の筈なのに、昨今それは美しい飾った言葉コラージュです、唯のコピーや現象の表記のみでは、瞬くまにその本来の輝きは失われてしまうのです。

      ネット、いや「カット&ペースト」が全ての事象を光の回線の速さで消費していく。

      あとは廃墟と屍の山。文化的蓄財を成した者は、その余波で創作を行い生き延びて行きます。「新しい波」に「新しい資本」は根付かず、回帰と複製の反復運動のみがコンピュナイズされ、ネットへ光の速さで伝わっていく。

      いま時のセックスみたいだ(笑)

      これからの創造とは村上春樹氏が著作の中で述べた「文化的雪かき」という行為。それに埋没し終始していくのでしょうね。

      悲しいけどそれが現実です。

      音楽とPCは20年前に勃興し死滅してしまった。
      その後のムーブメントは何だって?だってもう音楽はサンプリング&コラージュじゃん!クラシック以外は?

      テクノロジーは既に、漂う空気のように存在していたんだもの、その頃にはね。今のネットの進歩も殆どが、60年代に予言された物の実現だし。

      さあ!また雪かきしなくちゃ
      2017.09.10 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM