2016.05.04 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.06.27 Wednesday

    アクセスログがフリーになってたw

    0
      JUGEMテーマ:インターネット

      久々に更新ですね。
      ほんとむちゃくちゃな状態で精神を病んでますw

      まあそれともかく、このBlogのJUGEMがアクセルログのプレミアムを今月末まで
      開放していて、色々見れて楽しい!

      仕事柄KPIなるSNSゲームの数値を良くみるんですが、純粋に趣味で自分のBlogの
      アクセス状況が見れるのは面白い、簡単な数値とPV先は見れるんですがグラフでとか
      数ヶ月前の状況を比較してみれるのは非常に為になります。

      いっそプレミアム入ってKPI図ろうかな?

      4月のPVが585で、5月が317、6月が395かあ…減ったなあ。
      一応毎月1000以上はPVあって、今までの最高は月15000くらいだったかな?
      99年の開設なんで累計で30万PVを超えてるいるのは確実だったはず〜

      TwitterとFacebookばっかりしてるから今年に入って殆ど更新してないから
      500を切ってたんですね。05年から07年にかけては更新も記事も頑張ってたから
      3000超えも多かったし、累計だと個人の文字Blogとしてそこそこカウントしてかもww

      ホントはクローズドに近い環境で、月100人も見ないから好きに書こうかな?
      とか思ってましたが想定以上で、ちょっとビビってた頃もありましたね。

      まあフリーやクリエイトを生業としている方は、ネット媒体は
      自分専用メディアなので、上手く活用する方が良いと思います。

      ただここで儲けとかビジネスとかする積りはサラサラないですが。
      やるとしたらサイトでも、ちゃんと記事かいて、企画作って見てもらえるような
      モノを継続的にやりたいですね〜エンタメの基本ですし。

      ネットは無料が基本ですので色々と鍛えられると思うので
      取り組んでみたい課題ではあります。

      関係ないですがソーシャルもそろそろ転換期でしょうかね?
      新しい枠組みと中身をかんがえなきゃなあ…早いなあww

      カードゲームも終わりますね。


       
      2006.10.17 Tuesday

      希望的感想。

      0
        終末はNさんと、雑談を交えながら熱いトークを5時間程(^−^:

        Nさんと談笑しながら、いろいろな事が頭をよぎってきて。

        "Google"と"Amazon"とかいいながら、日本って"mixi"とか"はてな"止まりなんだよな…
        買収、M&Aと言ってみても所詮は"コミュニケーション"から始まることなんだよなあ…

        "mixi"への私の評価ですが"新しいNifty" はい終了!
        現時点での質的な興味はもはや皆無です。
        "はてな"に至っては手に馴染む程のソフトウェア的な"VerUp"を基本的システムに
        行わない時点で、評価の拉致外ですね。

        私の個人的な言葉で言うと"SEGA的な質と量の変遷"かも?
        あるニッチな層への波及力は掴むものの
        "理知的な欲求"や"運営に対しての向上心とバイタリティ"に興味がないので墜落…

        ジェネシスってアメリカでどれだけ販売したのか?
        DCも、安価な端末とISPとの連動で有望な顧客を獲得していたのは事実だ。
        (当時周辺にいたので話はいろいろ)
        Niftyだって700万人でしたが、墜落のスピードってば悲しいほど。

        この"硬直したスタンス"と"特殊な水平思考"っていつの間に蔓延したのだろう?
        サービスもコミュニケーションだし"自分本位の全く新しい企画"を作るにしても
        コミュニケーションから始めねばならない、前述のM&Aであれそうだろう。

        新しい発想の発露が、単なる"個人の場当たり的な考え方”の延長だけでは惨めである。

        "やっている事は高尚でも言っている事は場末の暴言"にはらないようにしないと

        「挨拶し、聞いて、答えて、頭を垂れる」

        サービスは"いたわり"と"慈悲"の延長なのだから。

        日本核武装論:米大統領初言及 国内議論けん制の可能性も。

        そろそろ9条と武装の問題点が出てきましたね〜

        私は9条と非核三原則の肯定派なので、核武装は問題外ですが
        "リアクターを使った武器”とかになると…効率いいよなあ(爆)
        と!素で思ってしまう現実派でもあります。

        潜水艦とかはリアクターいいよなあ〜
        あっ!俺ってただの軍オタじゃん(^−^:

        あと9条と非核三原則って、敗戦と冷戦、米ソ核抑止政策からの落とし子という
        現実には目を背けてはならんと思います。

        海上に孤立した立地
        冷戦直前の占領
        当時アメリカの理想と現実

        じゃないと"永世中立"よりたちの悪い理想である9条なんて無理!

        日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
        『国権の発動たる戦争』と『武力による威嚇又は武力の行使』は、国際紛争を
        解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

        前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
        『国の交戦権』は、これを認めない。


        アジアの国にも判って欲しいのは、ある意味"生存権"にも寄与する
        国際紛争(原因は様々)解決する手段として"国の交戦権"を憲法で違法行為に
        確定していることです。これは凄い!逆に辛れえ〜

        だからもっと外交せにゃならんし"意味のある援助"もせにゃならんのです。
        我々日本人は、二次世界大戦でアメリカに逆らって負けた質草として

        "紛争解決する手段の国の交戦権"とられてるんです。

        こんな国は有史いらい他にありませんがな?
        (ワイマールはどうだったかな?他ほとんどが属国でしょう)

        私は通常昔から行われている”戦争責任や賠償”をする条件として
        完全に国として自立を希望しています。
        監視や抑圧はあるにしても一国家しての、責任と義務とプライドは必要だ。

        賠償に関しては、今までの"ODA"や"人的貢献"をウヤムヤしてきた政府が悪い
        ちゃんと謝罪し、贈与し貢献してくれば良かったのに…

        良いも悪いも国や個人は自立させるべきだと思います。

        核爆弾と核ミサイルっていらんよ、単なる脅し道具じゃん?
        もし核攻撃されたら?もうしゃあないでしょ?普通するか?
        今やったら、その民族の存在無くなるぞ?

        北朝鮮は基地外だというが、我々は"紛争解決する手段の国の交戦権"が
        ないのだ、外交、軍事、経済…9条は正念場に来ている。

        アメリカを始め、国連加盟国が"質草"である9条を無視するのであれば
        日本は、テーブルを立って自立するか、新たな質草で勝負するしかない。

        9条は日本の物ではない、二次世界大戦以降の国際社会のキングス弁である。

        生存権がかかっている分下手をすると、"第二の戦争の世紀"に突入する
        きっかけにもなりかねないです。
        2006.07.13 Thursday

        Niftyクリップ、とか?

        0
          気分悪いんで、ちゃっちゃと更新(笑)

          ”ニフティクリップ”なるものを、数日前から使っていますが…
          タブと検索と一覧機能の弱さに、適当に作ったろ?という感想。

          わざわざ、母数が少ない、新規のSNSスペースでクッリプを行う意図が
          見えない。SNSの条件化で作った理由は明らかにmixiの影響だろうし
          RSSはBlogからの抽出だ。

          変形RSSリーダー?羊頭狗肉?

          クリップは、ネット上のタグ、静的だとBookMark、動的だとRSS、
          をツールで取得して、ある条件で検索ソート、使用。
          最終的には、使いやすい形で保存する。

          この、流れが有効に使えるのは、母数は極大で、リニアに使えるタグが
          あって、フィルターを自分で制御、さらに有効に検索できる環境と人間。

          昔RSSリーダーを使ってましたが、情報に使われる感覚になじめず、
          通常のサイト巡回に戻した経験がある。

          いくらいろんなサイトがあるからと言って、論調が気にいらない、
          ソースが不明なサイトにまで行って情報を拾う意味などない。

          ヒット数が飽和して、零れ落ちてくる旬の情報は、
          ネットを有効に活用していると、必ず自分の網に引っかかります。

          これに似た感じを受けたのは、以前トリプルキャプチャー環境で、
          アニメ、ドラマ、特集番組をアトランダムで録画して、システム全体が
          飽和した時の感じににている。

          映像情報を個人で扱うのは無理!

          この挫折から、外部ストレージが欲しいなあ〜と思った所に
          ”Youtube”が現れたので凄い役に立ちました。

          だから”youtube”の創始者は
          キャプチャで困った経験者だろうと見ています。

          PC高性能化、使える機器の登場、EPEGの整備。
          サイトの増大、Blog出現、RSSの整備、の流れに似ている。

          Web2.0と言う事象のカテゴライズ一つの条件として

          ”リアルタイム問題のリアルタイム対処”という特徴もあると思う。



          Web2.0時代に、ユーザーが経験しておくべき10のこと。

          Web2.0とは象である――Web2.0のミームを再配置してみた 。

          ”郡盲、象を撫でるが如し”とは秀逸ですね。
          この10個の条件は、流石に全部やってないと不味いだろう(笑)

          ひ、非常に高度になってきた・・・。

          これは、いずれ涼宮ハルヒを絡めて、書こうと思ってましたが
          書かれていたので引用します。

          >このファシリエイトを、自社の利益のために多用していて、そのため
          >生活の周辺に流れる情報に、バイアスがかかってしまっているのですね。

          >新商品 → 情報格差 → 自社の利益のための誘導
          >最近は、物語の分野で、非常に悪用されています。

          簡単に言えば、情報のインサイダー的利用ですよね。
          このサイトかかれている、危惧は”劣化エヴァ的”なモノの氾濫の憂い
          なので”ハルヒ”と混同してはいけない。

          Web1.0は電通的な手法かな?

          Web2.0があるなら、それは作り手とマネージャーにとって、
          効率のよい最適な場を作ることができる筈なんですが…

          Web1.0的、考えの集団がこのパイを取ろうとしている。

          問題はただ一点!

          ”情報開示ができない世界では、Web2.0自体が偏向される”

          私がGoogleを評価するのは、全ての情報がフラットな所だけです。

          Blogも運営維持できず、コメントぜす、ディベートぜず、
          情報にバイアスをかけるようでは、Web2.0には辿りつけない。

          で!Niftyクリップの問題にもどって

          SNS内で、独自の情報を生産できないなら
          母集団のすくないSNSにあまり存在意味はない。

          まずはオープンにして、タグ、条件検索、一覧機能を拡充して欲しい。
          2006.07.10 Monday

          W杯も終わり、祭りの後。

          0
            4年の一度のお祭りも、今朝で終了!ジダンが頭突きで退場ちゅう後味の
            悪い終わりで、ちょっと気分はロー気味だが、技術と忍耐のイタリアには
            エールを送ろう!

            数百の国の頂点に、なってあの杯を手に入れるって、最高なんでしょうね。
            そら国民も鼻高いですよねえ〜

            日本は、W杯に安定して出場できる実力から付けないと…ギリギリで
            出ても、あの連中相手に、本戦なんて出れませんな。


            話変って、2chのスレで見たのだが、とうとうJAS○ACが
            Youtubeに削除依頼し始めたらしい?
            Pv系の動画が根こそぎ、消されたようだ。

            ビジネスモデルを、模索する直前だったのに災難です。
            Youtuboはもう駄目だろう、世界でも名高いJAS○ACだし(笑)

            と言うことは!そろそろアメリカでも動きが出るのか?
            日本で次に動くのは、バンダイ?(^−^:

            ただ無料UPサーバーは、何個もあるので
            当分はもぐら叩きでしょうね。

            ”Myspace.com”とか”GUBA”とか?
            私はこの2つを、Youtubeと同じく使ってます。

            Youtubeに触発されて、Blog上では、ネット次世代論が盛んですが
            結局は「回線スピード、処理速度、ストレージ量」がマトモになった
            だけの事でこの先起こるであろう「物理限界」からくる
            レイテンシー争奪合戦に対しての、根本的なテーマには
            全く触れていない話ばかりだ。

            物理限界から、早晩くる「ネットの沈滞」にビジョン
            そのモノが足元を、すくわれる事があるのを忘れてはならない。

            90年代に、プリペイドカード、ネットビジネス、ビデオオンデマンド、
            オンデマンド印刷(考えると大事なネタに殆ど噛んでたなあ)の
            会議に参加した時、私が終始一貫して、皆に述べた事ですが。

            「快適度が、まず最初のサービスだ!」
            「いつでも、簡単に、手早く、これができないと即
            その商品にはクレームがつく、よってペイが不可能になる」

            結果上記の商品で成功したのは、エディとスイカのみ… 

            インディゴ社の、E-printは、一般に展開どころか買収…
            光通信社の”E−Olympic”は、セキュリティの問題が解決せず頓挫。
            ビデオオンデマンドの”ep放送”は、ビジョンが曖昧で普及すらせず。
            某大手企業の、コンシューマー、PC、DVDREC、でのストレージ&課金は
            事業部間、格差で…

            こうして見ると、90年代IT事業が、いかに漠然としていたのかが判る。
            Eって冠したのって、ヤバイの多かったなあ(^−^:

            ほんの少ししか、参加できなかった企画もありますが、
            どの企画でも、私が知りたいのは企画立案側の持つ微妙な
            「空気感」や「密度感」なんですね。

            そこで駄目な波動を感じるようでは…先の芽が育たない。

            結局は、インフラの整備という受動的な状況変化だけでも
            鋭敏な人間の頭脳の中では「Youtube」という企画に
            繋がるのだから、面白いものです。

            だからネットで多い、対処論(出てきた事への要素追加)には
            あまり意味はなく、基礎的な技術論や、全くクダラナイネタの方が
            よっぽど将来性があって、又面白いです。Googleは典型でしょう。

            最近、企業でコーチングが、注目されてますが、それより
            まずは、周辺の整理と、通常業務の見直し(担当社交換)などで
            客観視できる、タイミングが必要だと思う。

            オレは聞いてない! 上司はなぜ部下の話を聞けないのか。

            タイトルが面白いです(笑)
            立ち読みなんですが、ようは発想の転換と
            他人を享受する仕組みが書かれていました、基本ですね。

            後ネットで、拾ったんですが、有名な2chのひろゆき氏の記事。

            「明日できることは今日やるな」

            題字の事なんかどうでも、良くて。

            >ブログが“炎上”した場合、西村さんはどうするのか。
            >一般的には「コメント欄を閉じればいいんじゃないんですか」と
            >あっさり答える。しかし、自身が運営するブログ「元祖しゃちょう日記」
            >ではコメントが殺到してもコメント欄を閉じなかった。
            >「コメント数が増えるだけで実害はないですから。
            >気にする人はブログに向いていないんじゃないんですかね」

            一人一人が、ネットのハブなんだから、発信してもリンクしたくない
            奴はしなくてもいいし、したければやる。他の情報は、結節点である
            個人が自己流のスパムフィルターをかまして、処理する良いという判断。

            一々納得する話だと思います。

            上記の話とあ矛盾かなあとも感じたけど、そうではなですね。
            上手く行ってない問題って、意図的と対処的な、処方箋が
            逆なんじゃないのか?想像ですが。

            そう考えると、自分の仕事でも課題は多いですね。

            インド:核弾頭搭載可能な長距離ミサイルの発射実験。

            またややこしい時期に…
            北朝鮮とのチャンネルは無いだろうけど、メンドクサイ事するもんだ。
            Calendar
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << May 2017 >>
            PR
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recent Trackback
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM