2014.02.03 Monday

構成にムキになるより、傾向の偏りがヘンじゃね?

0
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    半沢コンビの映画「鍵泥棒のメソッド」をTVで見たのですが、脚本丁寧で良かったけど
    前作のアフタースクールやキサラギなどに比べると普通でし
    たね。

    この間ある先輩とも話したんですが最近の邦画、TVドラマの脚本で、アニメチックなデフォルメ的な処理が
    普通に使われる事が多い
    ですよね〜音ネタは良かったけど、やり過ぎると単なるギャグになりかねないし。

    ネタ単体としてチョイスって楽だから良いんですが、10年後とかに普通に見れるのだろうか…
    とか?心配してしまうので。以前パレード見た時にも思ってたりしたんですが


    全部をリアルでやると重いし展開も遅くなるのでバランスが大変ですね。

    あと以前にも思った事として日本のアニメだけではないんだけど、やってることや劇中で
    言ってる事が右系でも、殆どの映像作品のモチベーションの構成が左寄りっていうのはどうよ?

    浪花節も人情モノだから大枠で左だし、「世界中の物語」という枠で見ても
    これは大きな問題なのかも知れないと思うのだが?

    オリジナリティって結局、誰もやってない事の総称だったりするので
    見た目左寄りだけど、バキバキ右寄り脚本とかも有りなのかもしれない。

    というかそれに目が行くと、劇作の全てに対して選択肢ってのはあんま無いのかも?


     
    2013.01.08 Tuesday

    天が落ちる

    0
      ここ数カ月、Blogを更新してませんでしたね。

      年が開けたので、書こうとおもいました
      今年もよろしくお願いします。

      年明け直ぐに風邪を引いて、2、3、4と寝てましたがw
      休みの最終日に、007スカイフォールを見てきました。

      これが思ったよりも面白くて、個人的には非常に引っかかった作品となりました。

      筋はしごくシンプルで、過去に見捨てられた英国諜報部員がMに復讐をするので
      ボンドがそれを阻止するというものです。

      題名のスカイフォールと言うのはラテン語の格言である
      「たとえ天が落ちようとも正義を成就させよ」 の引用だとか?

      天が落ちてくる?皆の天が落ちてくる。
      ジェームズ・ボンドは体も衰え、今の風の操作にそぐわないが無理をする。
      Mは現場のリスクを指摘されて査問されるが意地をはる。
      敵は今ではフリーの犯罪者だが過去の因縁の為に自ら捕らえられる。

      なんか見てて各キャラクターの落ちてくる空(破滅)はなんだろうなと色々を考えさせらました。
      最後はある人物死ぬことで、関係者に等しく空が落ちてくるのですが
      責任者の最後の責任の取り方は信念によるべきと思いましたね。

      帰宅すると丁度映画、山本五十六の撃墜シーンで「ここでも天が落ちてるなあ」とw

      今年は政権も変わり日本の落ちるべき天が誰にいつ落ちてくるのかが現実になりそうだし
      色々と見てから考えさせられた映画でした。

      主役である007は多くを語らず不特定多数の00ナンバーとしての役割を
      果たしてはいますが、何かそこがすごく物悲しい作品でしたね。

      ダニエル・クレイグ、ボンドは三作積み重ねて見たが実は過去も現在も未来も
      00ナンバーが必要とする借り物なんじゃないか?と深よみしてしまった程に。

      誰人にも等しく、天は落ちてくる。
      それは、いつ、どこで、どんな風に落ちてくるかは解らないけども
      逃げることは出来ないし、そんな事には意味が無い、

      お金も年齢も時間も人生も全てを超越して「空はゆっくりと落ちてくる」んだな
      と、思わせてくれた作品ですね。Blu-rayでも買おうかな?

      劇中の冒頭のアデルが歌うskyfsllのところのプロップが個人的に気に入りましたw

      ADELE - Skyfall
      2012.09.17 Monday

      期待してたのですが。

      0
         先日リドリー・スコット監督のプロメテウスを見て来ました。

        ネタバレあるかも?

        作品自体の完成度が低いと思ったのは最近の映画では久しぶりでしょうか?

        アンドロイドが惑星に行く間いろいろな事を一人でしてる所や映画見てバスケットをしてるのが何も生きてない。主役がいないのは演出かと思ったら(アンドロイドが語り部になるかと思った)後半いきなり女性二人の視点がいきなり注視点となって唐突かつ情報量不足かつ散漫なままでエンディング向かっていく…映画の文脈で見るとちょっと消化不良でした。

        この映画の脚本はもうちょっと長くて色々ドラマあったのをプロデューサーがちょん切ったんじゃないのかな?でもそれだと長すぎると思いますけども。

        映画冒頭の社長の演説シーンを見ててジュラシックパークのハモンド社長の解説を鮮明に思い出した。あのシーンを見てて思ったことって「クライトン自身の原作ダイジェスト版だな」ってことでした。

        以前庵野監督が「エヴァの冒頭で設定の説明と主役のモチベーションを語る上で、どうしても二話必要だった」「アニメの一話で設定とモチベーションを一番上手く見せているのはガンダム一話」と言っていたように、冒頭、説明、展開、がプロメテウスは破綻してると思います。

        映画見た後での感想としては「冒頭社長のセリフと科学者の説明シーンのみで良くない?」
        意味深な宇宙人の自殺も、スカイ島でのロケも、アンドロイドの生活シーンもさして重要さが見られないですね。

        二人の女性の転換点が「男女間の関係」からなのはいいんですが、そこに観客が気になる程の傷(伏線)になってない。その男女関係の伏線が「アンドロイドから女性二人に対してのアクション」なのはいいんですが…

        なので「社長がいなくなったら私のいうことを聞く?」っていう提案も生きてこない。

        あの個性派女優シガニーウィーバーを発掘した「エイリアン」の系譜作ですがあの女優は超えられない、無理ですってwならいっそ女性を双子の美しい女性とかにして…

        「社長の一族だからこんな無茶な投資を行った」
        「アンドロイドは社長のオーダーに忠実で娘であろうと人体実験に使う」
        とか?にしても面白かったかもなあ〜とか妄想は膨らむわけですw

        ブラックホークダウンで見た「多人数主役話」や、それこそブレード・ランナー的演出の進化版でも良かったんじゃないかというのが見た後の感想ですね。

        個人的には古典SFのビジュアル表現では「エイリアン」と「ファイナルカット」が完璧すぎて、もう無理かもなあww

        世界はネットで隅々まで結ばれていてヴァーチャルがビジネスの主流になっている現在
        プロメテウスのCGエフェクトでは普通だったし、美術、世界表現も量質ともに不足だしチープでした宇宙船の造形も中途半端だったし。

        ブレード・ランナーは
        「SF世界観を無理やり映像に起こしたので現実の街も使いました!」に対して
        「技術力が上がったから古典SF世界観を全部表現しました」になっていると思います。

        でもそれっていまだと普通…

        派手すぎたり一部チープな所もありますがマクロスFの世界観のほうが見ていて楽しいw


        プロメテウスは「良い企画」だとは思いますが人類起源がどうとかを本筋関係なく大上段に語ったから不自由になったのかなあと思いましたね。

        リドリー監督がキューブリック監督に挑むのはジャンルが違う。なんかこの映画をみて先日亡くなったトニー・スコット監督の事を深読みしてしまった。なんだかなあ〜

        2012.09.03 Monday

        アベンジャーズ見てきました!

        0
          週末アベンジャーズ見てきました!
          色々細かい所で受けて面白かったですね。

          ハルクの神様ボコボコにするところとか?一番最後のワールドプレミア後に
          わざわざ追加で撮った黙々と食べるカットとかww

          ただ!

          個人的には待たせすぎで、期待が大きすぎてちょっと物足りなかったかな?
          エドワート・ノートン居ないとかww まあ色々大人の事情もあったんでしょうね。

          これさあ、今後の展開として周辺キャラの続編+アベンジャーズ2に行かずに
          友人のTちゃんも言ってましたがオンスロートに言ったほうが良いような気が?

          個人的には、Xメンを全6作くらいで3年掛けてでやりなおして、オンスロート、アベンジャーズ2とか3に
          繋げた方が面白いし、ユーザーの理解も進むと思うんですが?

          永遠の終わりに Eternal Rain

          古い18禁ゲームのOP曲ですが気に入ったのでw


          Billy Joel Goodnight Saigon

          中学2年の時にハマって買ったアルバム、「ナイロン・カーテン」から。
          当時は冷戦まっただ中で、「鉄のカーテン」への皮肉を込めたこのLPが大好きでした。



          Calendar
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << October 2017 >>
          PR
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Recent Comment
          Recent Trackback
          Links
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM