2015.11.23 Monday

伊藤計劃の計画とおりだったのかもw

0
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    昨夜思い立って府中の東宝シネマに観に行きました。

    思っていた通りに酷い内容でしたのでまあソコは想定の範囲内として、とにかく予算が全く足りていないのに呆れました。

    個人的にプロデュース(自分から立案した企画)で予算が足りないモノは(無駄遣いした奴は知りません)一本も無かったのでプロジェクト自体の安易さに酷く失望しました。

    予算がそうなのでバジェットやリソース内容の吟味も十分に行える筈もなく演出には語るベキ部分もありませんが、比較的原作に忠実な内容だったのが救いでしょうか?

    読んだ時も少し思ったんですが改めて映像で見ると押井さんの「イノセンス」に構造が似ているなあ〜と。

    それはともかくとして箇所箇所の演出に「イノセンス、MGS、ブレラン」がよぎったのにはちょっと閉口しました。
    やるならオマージュと思えるようなセンスの思い切りの良い使い方をして補しいと。


    映像で見ることで改めて原作の力を知った訳ですが、作品的には作中でも触れられている「若きウェルテルの悩み」や「車輪の下」「デミアン」などの系譜なので非常に青臭い中二病的作品なので出来れば徹底的にリアル路線でやってくれれば良かった気がします…

    核戦争後のSFの様な街にしても今現存するアジアの街並みや品川、お台場、
    個人的に好きで劇エヴァでも使われているバンナム本社とか、現物で参考になる街や建物など幾らでもあるというのに…


    そして得てしてそういう街の細部は綺麗では無い、原作のピンクのイメージに惑わされたのかも知れませんが?

    キャラの描き方としてはミャハのカリスマ性や三人の共犯関係をもう少し映像で見せて欲しかった!

    キアンに罰を与え何故自分のルーツにトアンをいざない何故殺させたのか?

    トアンが日本で失いミャハがキアンと父の死で獲得させるに至った「愛するものを罰する痛み」を
    もう少し立体的に見せて欲しかったんですが無理ですよね…周囲の物を一人殺害せよ!というイデオローグの意味の考えないと


    そして小説の細部に怨念の様に滲み出ている「俺は死に続けているのにお前らは無駄に生き続けてくだらないのも作り続けている」
    という作者の思いが何も表現できていないので、映像化としては限りなくゼロに近い作品でしたね。


    「善とはその状況を維持し続け様とする事」と著者が明確に書いているにも関わらず映像には
    ジンテーゼアンチテーゼとして「善と悪」のイベントや演出が意図的になされていないのも駄目なところでしょう…


    とにかく著者の呟きを元とした設計が疎かになっているところがこの作品の致命的な点です
    解りますよ「時間も予算も足りなかったんだ」と自分も参加企画に何本もありましたしw

    キャラデザと衣装デザインも駄目だったなあ〜
    シーンのつまみ食いでなくそういうトコロをリドリー・スコット映画からパクって欲しいなあ


    WHOの螺旋監察官の戦闘服が致命的に駄目でしたね、アレじゃ北欧かカナダか
    どこかが採用してた防弾スーツの方がよっぽどそれっぽい!


    舞台背景とデザイン全般が安易でチープなのはどうにかして欲しかった!銃のデザインも駄目だし。
    バクダットの描写や戦闘シーンもカウボーイビバップの豆の話を超えてないし…

    ファンとしてはこの酷いデキは看過できませんが作業者としては非常に判るところではあります

    ただ冒頭の3Dシーケンスに予算をいれるならその金で腕の良い進行を外部から招聘して2dのクオリティを上げ、
    フリーの腕の良い撮影クリエイターに頭を下げてグロスでポスプロ前までの撮影を頼むべきでしたね…


    うーんこれで五億を越えてたらそれこそPの腕が問われるでしょう
    ポリマジかポリピクに目をつぶって10億で投げて作るのが良かったような…


    あと委員会のメンツが偏りすぎてコレじゃ予算も中途半端だし自由に作らせて貰えない気がするんですが…
    エンドロールで製作者より広報以外で実際に現場に関係の無い人の名前が多いのは良くないですw


    会社員(スポンサー寄りの)が立案しているのなら逃げ道がないので仕方ないんですがスタジオ4℃が立案したのであれば
    予算を半分以上出せるIT企業に協力して貰って角川とかバンビジとか原作協力と一部予算供出にしてもらう方がいいんですが


    これで虐殺器官は駄作決定でしょう…

    そしてこんなフイルムは褒めちゃイカンでしょ?メディアは?

     
    2014.07.28 Monday

    あつがナツイ!

    0

      アオイホノオOP [あーだこーだそーだ!]



      劇中動画から、ドラマ「アオイホノオ」のOP曲ですね〜良い曲です!

      「アオイホノオ」は40代以上の直撃の内容なので面白くてしかたありません。
      舞台が地元の大阪だという点も非常に大きいんですけどね。

      「アオイホノオ」は当時の風俗漫画なので直撃世代はどうしようもないですね。

      トキワ荘の話とか、小説の「青春の門」は風俗描写が少なかったり、フィクションだったりするんですが

      「アオイホノオ」は80年代マンマの空気感を描くのが目的なので、抵抗できないんですね。

      バブル直前であり、冷戦終結直前であり、豊かな時代の到来前のあの独特の高揚感は
      もう日本には100年くらいこないでしょうね〜ただただ我々は幸運だったダケ!というw

      009のOPの下りとか同級生が同じ様に力説してたなあ〜金田伊功氏を意識したのも009だし。
      ベータマックスのJ9は当時高値の華で、友人宅にあってアニメを何度も見せて貰いました。
      学生の時は高くてビデオは買えなかったんですが就職して最初にローンを組んだのがビデオでしたねw

      ベータとVHSで散々迷ったんですが、VHSの方がレンタルソフトが多いのでVHSにしました!
      エロもVHSのが多かったしw それに可変再生も松下のマックロードがソニーに対抗したので
      86年ぐらいにはそこまで差が無くなっていたんですね!あとVHSの方が長時間録画が可能。

      見るだけのドラマ、アニメなら三倍速録画で全然良かったので。ベータの高画質もそこまで
      圧倒的ではなかったしw

      などと、話が無限に出てくるんですね〜



      劇中、書店のおばちゃんに「イデオン」の説明をしてくれ!という下りで思い出したので
      セーリング・フライを。

      この曲を最初に聞いたのは関西ローカルラジオの「サタデーバチョン」だったような記憶が…
      今晩は、浜村淳です!のフレーズが懐かしい。

      ドラクエのOPで「すぎやまこういち」の表記をみて感動したのは忘れない!

      このドラマの登場人物である、岡田さんはサークルの師匠筋。
      赤井さんは数年前にお仕事をさせて貰いましたねえ〜あの頃グレンラガンの劇場版の
      直後でまだガイナがJR敷地内の仮住まいで、ジブリの直ぐ近くにありまして

      打ち合わせの帰りに遠回りしてジブリのスタジオ前をワザワザ歩いて帰ったりして
      ちょっと楽しかったなあ〜

      山賀さんも、ガイナ仮装忘年会の二次会で地下のダイニングで朝まで隣で
      話を聞かせて貰ったので、色々とその時の事を想い出しました。

      実際の人となりが、少しでも想像できるので超楽しいです。

      PS
      全然関係無いんだが「アオイホノオ」の赤井さんのキャストの方が
      元ガイナの青木さんに凄い似てて、個人的には超ヒットですw
      2014.04.18 Friday

      流行りの演出に足りないものとは?

      0
        JUGEMテーマ:漫画/アニメ

        とあるムービーを見ながら

        「最近アクションカット繋がりの処理の意味って考えてないよなあ〜」

        決してカットをグルグル回したり、トリッキーなレイアウトを切ったり、ワンカットで延々と長いシーンを切ることじゃないと
        ある作打ちの帰り電車の中で、とある人に諭されまして…それ以来私はそれをずっと気にしています。

        自分に出来るできないは置いておいてですがw

        3dで無駄にレイアウト組んだり?(ちゃんと意味あるカット割ろうよ?)
        手ブレカメラをガンガン入れたり?(いきなりだと意味がないから見づらいってw)
        粒子や
        IBLやHDRやアンビエントオクルージョンとか意味もなく入れてみたり?
        (IBLは光の帯域が漂っていいけど、HDRとオクルージョン併用するからコントラストがキツいって)

        うーん…予算があって技術習得の為にムービ作るならそれもいいけど
        じゃあその後、低価格化や?省力化や?その為にツール開発をするのか?
        というと何もしてなかったりするのがどこも当たり前なのが、ちょっとねえ?

        やっぱり原始的ですが、各パートと連携を密にして、作画資料を的確に作って
        早め早めのスケジュールを切って、その繰り返しをちゃんとしながら予算を
        切り詰めて、最後に足らない部署に残った予算を投入するのが制作の王道だよな〜

        その状況で3dとデジタル処理が欲しいからカットに使うとw

        監督や作家さんが無茶な事いうのは、実際余り意味がなくて、だってそのカットやコンテを再現する
        根拠や時間や予算が無いと事実上不可能な訳で…それでも無茶言う「恥ずかしい作家さん」もいますがw

        最近のムービーの箇所箇所を見ていると押井監督が口を酸っぱくしていう
        「意図のある演出とカット」「現実で行える演出を知る」「繰り返しの意味とその重要性」(安易な同ポジでなく)
        が再度重要なんだなあ〜と思っています。

        3dでクルクル回る意味のないカットや、ギラギラビカビカする演出とエフェクトって
        DTPが常識化してレイアウトやロゴが三次元化した2000年くらいの書籍を見てるみたいで痛々しい…

        そろそろちゃんとしたプロット、字コンテ、絵コンテの獲得!っていう方向に軌道修正した方が良いとおもう。

        ディテールやきちっとした絵は去年の「ヤマト2199」で効果的な所と無駄な所が露見した様な気がするし
        予算がある映画やアニメやムービーほど、「意図のある芝居をする!」に早く戻って欲しいと思う今日このごろw

        でもこういう傾向ってゲーム・ムービーが3DCGとかで「技術スゲエ!」ってやった弊害なんですよね…
        マジで反省してます…

        最近日本のコンテンツが全く世界で売れてない現実は「中身が無い」って思わないといけませんね。


         
        2014.03.29 Saturday

        まったり系も演出するので楽しいかも〜

        0
          JUGEMテーマ:漫画/アニメ

          録画しっぱなしで放置していたアニメの
          「ウィッチクラフトワークス」をつらつらと見ていたんですが。

          ファンタジー系も設定に凝らずに、こういう内容でいいんじゃないのかと?
          中身のクオリティだけでなくて企画全体としての感想ですけども。

          昔、魔法少女ものの企画にちょいっと噛んでいたんですが、幾ら設定コネコネしても
          元のキャラクター性が弱いとだめだなコリャと実感しました。(´・ω・`) ムムム

          同じJCだし10年も経ってようやく納得の行く企画に巡りあったのかなあ?
          あ?でもあれはオリジナルIP取得が目的だったような気がしなくもない?

          そう言えば、その前の企画もコネコネしてたなあ〜魔法遣とかなんとか?

          何故だか打ち合わせ終了後に、別の机に関係者がいて紹介されて〜
          ベタネタが少なくて設定の方に力が入りすぎててなんというか…ねえ?とw

          企画でするべきことは主題の構築です!

          「魔法少女の理由の構築」と「主人公のモチベーション」を考えることでつ

          そこにお客さん喜ぶキャッチーさとか?面白さを注入しないといけません!
          と思いましたが、何か?

          自分がしたい事をするのはクリエイターでも芸人でもないのですよ。

          先週橘ぱん氏と飲んだ時に言っておられた

          「お客さんにサービスして喜んでもらって!ようやく次に挑戦できるのよ!」

          そうですよね…海よりも深く反省…

          あのゲームも何年もフラフラしてたなあ〜

          最初からやりたい事を決めても無いのに企画をコネコネするのは
          クリエイトの全てのジャンルに対してですが、そろそろ辞めればいいのに?

          お金も時間も掛かることだし?最近は技術力まで無くなってきましたが…

          ここ数年で魔法ものだと”まどかマギカ”とかありますが、あれはゲームなどで
          お約束の繰り返しのストーリーを、キャラクター性でコネコネしたんであって

          やっぱベタなキャラ性は必須かと思います。

          デザインラインや動きでカッコをつけた魔女っ子モノはそれこそ無数に
          ありましたが、ごく一部に褒められて自己満足で終わっていますし…

          古いのだと「魔法使いTai!」とかもありましたね!

          OPのCG受けがワープだったりしますがw
          エネミーゼロの作業を半年程止めて受けていたとか、いないとか?

          脱線したw

          「ウィッチクラフトワークス」原作は二巻までとアニメを見て最終巻も購入したんですが

          展開が遅いまったリ系でして、映像に起こすとアクションも全面に出せるし
          のんびり屋さんのヒロインとの対比が良くて、見ていて楽しかったです!

          ネタも"ワルプルギスの夜"とかベタな設定と展開だし超安心ですw

          個人的にベタ企画なら"ニーベルンゲンの指輪"とか"ファウスト"とか?
          あと海外では最近一部やり初めている"シェークスピアの四大悲劇の混ぜこぜ設定"
          とか?古典ベースではいいかもしれませんね。

          他の漫画作品でいえばアニメ化して映えそうなは「乙嫁語り」もまったりしてますが
          アクション要素ちゃんとアニメートすれば見れるだろうし
          (この作品のアクションは大変だけどw)あとは「乱と灰色の世界」とかも
          面白いかもなあ〜

          なお両方とも「ビームコミックス」なのは偶然ですw

          しかし最近個人的にむむっ!思うのが、男女比のイビツさを何とかしたいものです…

           
          Calendar
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << October 2017 >>
          PR
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Recent Comment
          Recent Trackback
          Links
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM