2017.09.10 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.05.27 Wednesday

    一つの時代の分岐点と、「開かれた満足感」への道。

    0
      響けユーフォニアム八話視聴。

      ヒロインと友達を巡った「恋のトライアル」かと思ったら
      ペットの子とヒロインの意識のたか〜い擬似恋愛風友情回だったw

      相手の誘いに乗って二人きりでアンサンブルってSEXの寓意ですね!それはともかく高度な「耳を澄ませば」への
      オマージュとも捉えましたが
      気のせいか?こういう目的があってそこにはめ込んだオマージュはいいですね〜

      漫画アニパロも好きですが最近皆が使いすぎててちょっと食傷気味なので…面白いのが最初に
      徹底的にやったのはエロゲーの「君が主で執事が」で
      後進のアニメ・マンガは全部その影響下という現実。

      あれは当時の部下と「ありか?無しか?」で激論したなあ〜
      ちなみに私はやり過ぎ嫌なので否定しました!面白いかは別にして。

      話を戻して、思春期の軽い同性愛的友情と若さゆえの傲慢さがいい味だしていましたね
      で!ちょっと驚いたのが、ヘッセの「デミアン」とかそういう感じを受けたことですね。

      デミアンのセリフで、「鳥は卵の中からぬけ出ようと戦う。 卵は世界だ。
                    生まれようと欲するものは、 一つの世界を破壊しなければならない。」


      第一次大戦直前のフランスで重症を追ったシンクレールの前に当然現れたデミアンが、未来を暗示するシーンです。
      日本でも佐藤亜紀の「天使」でヘッセのオマージュを扱ってますね。


      まさか「響けユーフォニアムで」そういう断片が見られるとは思いませんでしたが。

      それとちょっと共時性があって面白かったので書くんですが

      リアルタイムで先週放送の、「やはり俺の青春」の劇中で「本物が欲しい!」という主役のセリフとか
      「Fate-UBW」で
      の主役の士郎の「皆を救える世界!」と「その呪い」というテーマが描かれていたのですが

      最早
      先の見えないこの御時世だと「本物が欲しい!」はセルフィッシュで漠然とし過ぎるのと
      「皆を救える世界」は、今の欧州アジアの衝突を見ているとはっきりと偽善で伝わらないと思いました。


      しかしヒット作の三作が同じ時間軸で、「ほぼ同じテーマ」を扱っていて
      今作が、一番身近で単純明快にスポ根要素を使ってそれも短く!「手にどどく未来と本物」に答えているのにちょっと笑いました。


      スポ根漫画とかこの作品で扱っている、「身近にある争い」が、もしかしたら「世界の扉」に繋がるのではないのか?
      との問いは、今の努力しても報われない世界には非常に分かりやすい話しなのかも知れませんね。


      スポーツや音楽で全国大会に行くことが正義でなくて

      「気のおけない仲間と短い時間だけど楽しく挑戦した事がとても大事でかけがえの無い事だ」という単純な理屈です。


      個人的には03年に自作の白中探検部をリリースした同じ年にヒットした「Fata」や
      00年から始まった「凄い同人的作品」の夢が終わった瞬間でした。


      これで「Fate」も「ガンパレ」も「ひぐらし」も明確に時代遅れになったと思います
      ここ数年薄々感じてた事ですが、私の中では明確に時代遅れで古典扱いになりましたw 


      しかし長かった…

      でもガンダムやエヴァはまだまだ原作者があの年になっても本気に青臭く懊悩していて
      作品も世界観も生きていると思います。
      ジブリが終わったのがちょっと痛いですが。
       
      2015.03.10 Tuesday

      たまにはオタクネタも。

      0
        JUGEMテーマ:漫画/アニメ

        現在放送中で録画してた「冴えない彼女の育て方」を見ててたんですがちょっと気になって
        今更これも放置してた「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」を見直してましたw

         これ思った通りに構造が同じで、キャラ配置とイベントが違うだけなんだなあ〜と。

        作品的に先に行ってるのは、「やはり俺の」の方ですが
        より洗練されているのは、「冴えない彼女の」の方ですね。

        ただこの二作も少し前に流行った「俺妹」の流れからかな〜と思ったりするんですが。

        「俺妹」は関係者と以前話しをした事があるんですが、「俺妹読んでの第一印象はどう思いました?」と
        聞かれた時に「売れると思いました!が!妹のキャラデザが古いのと性格がちょっと気になりました
        ちょっと五月蝿いので」と答えた記憶がありますね。

        ここ数年のエロゲー&ギャルゲー系は、「俺妹」のキャラ配置と設定をエディットすれば
        生き残れると思いますが、そろそろ純愛路線もボツボツ復活してきてるので合体技が増えるんでしょうか?
        「魔法使いの劣等生」とか「俺妹系列」だしなあ…

        話を戻して、「冴えない彼女の」は脚本家がエロゲーライターさんなので、
        とにかくトレンドに対して忠実で丁寧ですね。

        男は主人公以外はモンスター扱い。
        ルート確定までお預けイベント連発させて常にすれ違い。
        メインルートが主軸にあって常に話を引っ張っていて非常に分かりやすい構成。
        あとは、会話の掛け合いとか、小話のオチがお約束、とか。

        ととにかく今までの手練手管のオンパレードで飽きさせません。

         ですが、キャラ同士の葛藤やお話のテーマは普通で、ちょっと内容は
        「古いかな〜」と思っています。

        ゲーム的イベント主義の弊害でしょうか?
        でも丁寧な出来なので好きですね。

        「やはり俺の」の方は、

        キャラ王道三角関係。
        親友というかNTRしない主人公肯定男友達を複数配置。
        妹キャラは第三のキャラに設定して主人公とは仲がいい設定。

        これは最近のエロゲーではやらなくなってきたキャラ配置なんですね。

        やはり小説はゲームと違って作者が、「描きたいテーマ」があり気で
        書いているのでまだまだ作品主体なんでしょうね。

        ただ両作品ともやってることは、
        「過去の因縁に主人公とヒロインを絡めた恋愛模様、延々モラトリアム」なんですね。

        最近の流行りはヒロインに具体的なモチベーション(トラウマ、葛藤、目標、趣味)を与えて、
        主人公には早い段階でそれに気づかせつつ、ラスト手前でそのもう一つ奥のココロのレイヤーを
        開示させてラストに繋ぐという展開が多いでしょうか?

        それと最近はメインヒロインの役割が異常に弱い!というのもあるかw

        古典的な手法だと、三角四角関係を後半で壊して、それを解決する個別ルートに入る
        というパターンですが、最近は中盤でさっさと関係を壊して即個別のルートに入って
        そのイベント解決の為に他のヒロインの殆ど全員が手を貸すのが多い気が〜するなあ。

        とか書きつつ個人的な好みで言えば、「氷菓」みたいにコミュニティをテコにした
        学園参加型イベントストーリーなんですけどね。

        他に「冴えない彼女の」の方で気になるのはゲームとラノベ編集の時の楽屋落ちが
        多くてちょっとなあ…というトコロでしょうか?最近のアニメの「白箱」といい作る内容が
        そろそろヤバイんじゃないかと思ってたりします。仕事してた者としては。

        四話の不死川書店の話とか、まんま某社で話た内容がそのまんまでちょっと嫌な汗がw
        ホントどこも売る努力なんてしてませんからね〜書店周りとかコーナー設置、
        特典作成とか、完璧に外注に丸投げでしょうし…

        関係ないけど、今までプロットで詰まった事は無いなあ〜とか変な対抗意識が生まれたりw
        ゲームだと、どうせ二割ほど汎用ゼリフとかディレクターが書かにゃならんし…

        ジャンル化、イベント化が進んで、縮小再生産の方法のみが進むの否定しないですが
        ゲームだと、00年から数年続いた「コミケインディーズゲーム」の目が勃興に迄
        進化せず、個別の作品ごとにジャンル化して一気に収束した時の様に、

        ネットによる情報の乱立、安易化、閉塞が加速するのでそれを追随した作り方を
        するのであれば、作る側がいくら「プロプロ」言ったってそんなのはテンプレと
        予算規模による初回生産に合わせた、ただの作業のみなのでなんだかなあ〜と。

        実はもう収束しそうなビックデータも、あの頃某推理ゲームで生み出された
        ステマと同じで、単なるビジネスモデルなんだから、じきに安心に横並びで
        皆同じことをするガイドラインになるだけで、全く意味がないという事で…

        予算集めも、リスクを負いたくないから「クラウドファウンディング」しか
        選択肢が無くなってる訳で、作品作りも単なる企業投資一部とドライに
        考えてたとしても現在の企業活動はいびつで異常な訳だし…

        吸い上げた利益を市場に投資しないなんて、そんなの資本主義でも何でもないんですが。

        社会がどんどん社会主義化と寡占化で閉塞してるのっていつか痛い目に合う気がするんですけどね。

         
        2014.10.16 Thursday

        若い力!ってマジで使うんかい!

        0
          JUGEMテーマ:ゲーム

          Hi☆sCoool! セハガール EDテーマ「若い力 -SEGA HARD GIRLS MIX-」

          ニコニコ動画


          今頃みたセガの擬人化アニメ、「Hi☆sCoool! セハガール」が酷いいいいいい!
          SG1000とか”SG2000とか!Mark靴箸マスターシステムとか!GGとか!GG兇箸!無視なのかよ!

          これが!これが!人間のやることかよぉぉぉぉぉ!(石田声

          テラドライブとかも…(ぶつぶつ
          それと、「セガ人向け」のピンポイントアニメなんか作って誰が喜ぶんですかホントに!(やっほーい!やったあ!

          でもせめて、「8ビット機」のどれかは入れて欲しかったなあ〜大人の事情とかあったかも知れませんが?
          又はテコ入れで使うとか?8ビット幼女がゲストで登場!とかゲスい演出があるのかも知れませんが?(褒め言葉


          EDが「若い力」で吹きましたヨ!
          CDは渋谷からの引っ越しの時に同僚からヤル!と言われてたしか貰った記憶が?
          ハテどこいったんだろ?


          昔ナムコさんとORBSの企画を作っていた時、ナムコの課長さんから
          「セガさんはコンソールがあっていいですね筐体は作る時楽しいんですが売れなくなったり、
          新型が出ると完全にお払い箱ですからねえ」と。

          確かにアーケード筐体は一度店頭から廃棄されると払い下げか廃棄処分ですからね〜


          あとハードが有るのって企画をそのハード向けに作って行かなくてはならないので気合が入るんですよね!
          まあそのプライドだけで、鼻息荒かった人も居て色々複雑ではありましたが。
          あと一本はドリキャスで企画を作りたかったなあ〜

          凄い性能のハードじゃなくていいのでコントローラーの付いた
          「セガスマホ」!とか?もう一度作って欲しいなあ〜

          
          2014.09.29 Monday

          今期のアニメはちょっと注目してまーす!

          0
            JUGEMテーマ:漫画/アニメ

            昨日友達とスカイプしてた時に、「そう言えば冬アニメの失われた?なんとか言うの俺の
            相棒のA氏がタイトルデザインしてるっぽいけど?「水平線まで何マイル」の関係者?」と
            聞かれたので、「そういや今期はそろそろ新板だな?」と思ってPVを集めて見ました。

            グリザイアの果実


            失われた未来を求めて


            おお!フミオくんのキャラデザアニメで動いているるる!

            来週から放送の冬のアニメ新版では、18禁原作の二作とも知り合いが原作に関わっているので応援してまーす!

            「失われた未来を求めて」は原作会社の社長さん?プロデューサーさんだったかな?
            「グリザイアの果実」はキャラデザをフミオくんがされています。


            特に、白中探検部でグラフィックと一部キャラデザをして頂いたフミオくんは待望の自身のキャラデザ初アニメ化ですので、めでたいです!

            実は原作は未プレイでして…(ごめんなさい)そこはアニメで楽しむということで許してもらおう。
            しかし彼はキャラデザがアニメ化されるが遅かったくらいですので、今後もバリバリ頑張って欲しいですね!


            個人的には、フミオくんとは白中後、二回程仕事をするタイミングあったんですが〜
            某社の代表も某Pも直前で反故にしやがりましてw まっ!二社とも今や無いからどうでもいいんですが。


            今期、実はもう一本18禁原作で以前お仕事もした事のあるアニメがあるんですが…まあこの原作は最早w

            Fate/stay night


            なぜ私の好きなセイバーではなく愉悦こと、コトミーなのかというと収録で中田譲治氏の上手さと、ギャグに
            メロメロになったからなんですねえ〜他に匹敵した方は銀河万丈氏と今は無き、塩沢兼人氏でしょうか?
            納谷悟朗氏は収録時に、打ち合わせで行けなかったの今でも悔やんでおりますうううう。

            それはさて置き、「
            Fate/stay night」は原作のファンなのでUFOさんの綺麗なアニメに期待しています。

            しかし、「
            Fate」はまさか作り直しができるとは思いませんでした!ファンとしては嬉しい誤算?
            というかなんというか、そういえば先のソニーカンファでK氏の顔を久しぶりに見たなあ〜

            しかしなんやかやで今期のPC原作のアニメは皆お知り合いという事で、こういうタイミングもそうはあるまい。



             
            Calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>
            PR
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recent Trackback
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM