2016.05.04 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2008.11.06 Thursday

    プロスペクト理論&プロフェッショナル

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般
      備忘録として書いておこう。 

      プロスペクト理論。

      【質問1】貴方
      に二つの選択肢を提示します。
      選択肢A)100万円が無条件で手に入る。
      選択肢B)コインを投げ、表なら200万円が手に入るが、裏なら何も手に入らない。

      【質問2】貴方は100万円の負債を抱えているとして、同様に二つの選択肢を提示します。
      選択肢A)そのまま100万円を支払う。
      選択肢B)コインを投げ、表なら支払いが免除、裏なら支払額が200万円に増額。

      【質問1】はどちらの選択肢も手に入る金額の期待値が100万円と同額。にもかかわらず、一般的には堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人の方が圧倒的に多い。

      【質問2】も両者の期待値は−100万円と同額。【質問1】で「選択肢A」を選んだ人なら質問2でも「選択肢A」を選ぶだろうと推測されるが【質問1】で「選択肢A」を選んだほぼすべての者が【質問2】ではギャンブル性の高い【選択肢B】を選ぶことが実証されている。

      Wiki引用、まあ人間普通はそうなりますわな。

      「スタンピードに弱い」でなく「目の前の利益に弱い」のが人間の性質かも。

      プロフェッショナル。

      「ある分野について、専門的知識・技術を有していること、あるいは専門家のこと。」

      プロって【許諾】とか【他人の認識】とか【権威付け】から発生するものじゃないだろう。【ある分野】の【専門家】と言うことは【分野】において【専門的】に 【技術&スキル】を有してる人間だと言う事になるから。

      ”調理師の免許”を取ったからって”不味い飯”しか作れない人はプロではないだろう。そうそう”不味い飯屋”は例外にしておこう(笑)例外は出すときりが無い。

      「近年、プロとアマの垣根は最早なくなった」

      よく使われるフレーズも本当はこうなるのかも?

      「近年、”プロの用件”を満たしている人への多段階的なアプローチが増えそれによって専門的かつ閉鎖的な状況に穴が開きつつある」
      Calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM